Polo British Country Spirit

なぜ広大な英国大使館は、皇居のそばにあるのでしょうか

日本と英国とは今日、仲の良い関係です。それでも、どうして英国大使館はこんなに皇居の近くにあるのでしょうか。(英国大使館の住所は千代田区一番町1)


それも3万5千平米だそうです。実に英国は1872年から永久的にこの土地を租借しています。そして現在80%は英国政府に譲渡されているようです。


ここに大使館が置かれるまでは、少し歴史をたどる必要があります。1868年10月、日本は江戸幕府から明治維新を迎えました。実にこの契機となったのには、英国政府と当時のロスチャイルド金融組織による薩長の下級武士の下支えがありました。このことによって幕藩体制は終わりのきっかけが創られたのです。
  

しかし日本もまだ流動的でした。英国は時の天皇(明治天皇)が英国の言うことを聞かなければ、大使館の中に駐屯している部隊を皇居にすぐに派遣し、制圧することを考えていました。そこでここに大使館を設けたのです。(元は横浜や品川の公使館がありました)言わば少し、力ずくのパワーでした。
 


しかし今や、人権と開かれた文化を共有する国として、英国と日本は深く繋がっています。同じく王室、皇室をもつ近似性や交流。海上自衛隊の幹部は英国艦隊に学習に行くなど、日本と英国は深いかかわりを持っています。英国大使館が皇居の隣にあることは自然な感じがしてきました。