Polo British Country Spirit

馬のブラッシング

こんにちは POLO BCSマスコットポニーのアルファーです。
今日は、牧場のお客さんがブラッシングして綺麗にお手入れしてくれました。
春~夏は冬毛から夏毛に変わる季節なので、ブラッシングするとぬけるぬける…。
ハゲになったらどうしようと心配するくらい抜けるんです!

ブラッシングは単に毛を抜くためにやるのではないのですよ。
泥や砂など皮膚についた汚れや垢をとると共にマッサージ効果もあります。
血液の循環をよくして健康促進になるんですよ。
だから愛情もってブラッシングしてくださいね。
鬣(たてがみ)や尻尾は長くて硬い毛質なのでけっこうからまるんです。
むりやりブラシするとブツブツ切れて抜けてしまいます。
そんな時は、馬用のトリートメントもありますよ!
これをスプレーすると櫛どおりよくサラサラになってシャンプーしたような香りになります。

でもね馬のホンネをちょっと言ってもいいかなぁ。
キレイにしてくれるのはありがたいけど…・
私たちはからだに砂や泥がついてた方が虫に刺されないんですよ。
虫に刺されてかゆいのはイヤでしょ。
トリートメントの香りよりも砂や泥がついてた方が私たちはいいんです!
だからこんなふうに寝転がってからだに泥をつけるんです。
ブラッシングしてくれたお客さんが『あーあ やっちゃったよ…』って顔してますね。
せっかくキレイにしてくれたのにゴメンナサイネ!

それでは、牧場のお父さん愛用のブラシを紹介しましょう。
一見、普通のブラシですが。。ひっくり返すとジャンジャン。
なんとブラシの毛が馬の絵になっている!
いつもお客さんにこのブラシを見せているけど…。
これでブラッシングしてもらったことないなぁ~。
お父さんの見せびらかし専用ブラシです。