Polo British Country Spirit

ロンドン・タクシーの優秀さ

背の高い通称ブラック・キャブと言われるロンドン・タクシー。ドライバーは市民から尊敬されています。それはマナーも良く、世界一難関と言われる試験に合格しなければならないからです。ロンドンの中心から半径およそ10キロの、すべての道を知らなければ試験に受かりません。ホテルや有名レストランも熟知しています。すごいですね。

そして驚くのは車。ドアは日本のタクシーのように自動ではありません。しかし驚異的な回転半径の小ささ。3.8メートル以内と規制されています。だから無理かと思われる道もクルッとUターンできます。背が高く、客室の折りたたみ椅子を使えば客が5人乗り。

英国の知恵の塊です。