シューズとパンツの間

シューズとパンツの間

シューズとパンツの間に覗くわずかな隙間。
おしゃれな人は、そのわずかな隙間から見えるソックスにもこだわりが光ります。
歩く時や椅子に座ったり、靴ひもを結び直すのにしゃがんだ時など、私たちが思っている以上に目に入るのがソックスです。
今やソックスは「見えないおしゃれ」ではなく、「見せる・魅せるおしゃれ」へと楽しい変化を遂げています。
パンツやシューズのカラーに合わせてひと続きに見せ、素材感や地柄で遊ぶもよし、一点投入で華やかな印象に見せるもよし、シューズを脱ぐシチュエーションに合わせてソックス裏までこだわるもよし、ソックスを変えるだけであなたのコーディネートも劇的に変えてくれます。

ポロ・ビーシーエスのソックスは、伝統的な英国調の柄や模様をベースに今シーズンの気分をプラスして、機能とデザインの両方を追求したデザイナーのこだわりが詰まっています。

レジメンタルストライプにはシールドと呼ばれる「盾」の形状に由来した紋章のデザインをプラスし、シールドには「POLO」のロゴとユニオンジャックがデザインアクセントになっています。

シューズとパンツの間 シューズとパンツの間 ニットの柄としてもなじみが深い、伝統的なアーガイル柄も今シーズン風に大胆に配しアクセントカラーを効かせれば、「伝統を壊して新たにつくり変える!」という英国パンクの精神を感じませんか?

シューズとパンツの間 シューズとパンツの間 柄ソックスビギナーとおっしゃる方にはドット柄のソックスがおすすめです。
かの英国首相、チャーチルのトレードマークもドットの蝶ネクタイでした。ネイビーに白のドットは「チャーチル・ドット」と呼ばれ、現在も英国好きな紳士たちに支持されています。

シューズとパンツの間 パンツのカラーとソックスの地色を揃えればカラフルなドットがアクセントとなり、印象的な足元の出来上がりです。

底にはエレガントな「POLO」のジャガードがデザインされており、シューズを脱いでもノープロブレム!
思わず人に見せたくなってしまう自己満足の高い一足になること間違いなしです。
シューズとパンツの間

今回ご紹介したソックスには上質感のある表糸綿100%のシルケット糸を使用しており、消臭加工も施してあり汗をかいてもサラリと快適な履き心地です。
かかと90度設計で履きやすくズレにくいだけでなく、履き口は締め付けないゆったり仕様で長時間の着用でも跡がつきにくい編み方を採用しています。

ポロ・ビーシーエスのソックスは英国紳士の伝統的なおしゃれ心に現在の新技術や機能を融合させ、常に新しいトラッドを追求し続けています。
カジュアルシーンだけでなく、ジャケットスタイルやビジネスシーンまで、「シューズとパンツの間」は
ポロ・ビーシーエスのソックスにおまかせです♪